子供が吐いた時の対処法!脱水症状のめやすなど~

こんにちは。
最近は30度を超える暑い日があると思ったら半袖では肌寒いと感じる日が会ったり、着実に冬の気配が近づいてきましたね。

そんな気候の影響か・・・
今日、次男が胃腸炎になってしまい、朝から吐いています・・・

嘔吐の始まり

普段は登園ギリギリまで寝ている次男ですが、今日は珍しく「喉乾いた~」と早くに起きてきました。
麦茶をあげた後なぜか機嫌が悪くて、しつこく抱っこをせがむので抱っこをしたら1回目の嘔吐。
「何が起きたの!?・・あっ、片づけないと・・」と思っているうちに2回目の嘔吐。
この2回の嘔吐は量もかなり多くて私も動揺してしまいました。

吐いて少しすっきりしたのかリビングのソファで眠ってしまい、10分くらいたつとまた「抱っこ~!!」と起きて嘔吐。
”寝る⇒抱っこをせがむ⇒嘔吐する”このサイクルがほんの2時間くらいの間6~7回起き、最後の方は胃酸を吐きました。(胃酸は黄色、胆汁は黄緑色です)
普段は朝起きた瞬間から寝る瞬間までずっとはしゃいでいる子なのに、ずっとぐったりして寝ころんだままなことに心配になり、腸ねん転など早めに診断が必要な病気だったらまずいと思って病院に連れて行きました。

この時点で訴えていた症状は、おなかが痛いことと気持ちがわるいという2点で熱は微熱でした。

 

病院での診察

病院までは着替え一式と吐いた時に対処できる一式を持って自家用車で行きました。
幸いにも病院に着くまでぐっすりと眠ってくれて、病院に着くころには嘔吐は収まっていました。
上体を起こした状態でまとまって眠れたことも良かったのかもしれません。

待合室で待っている間もボーっとして動かず明らかに体調が悪そうだったのですが、治療を怖がるあまり辛くても辛いと言わなそうな雰囲気を感じたため、診察前に「先生に吐きそうか、どこが痛いのかを聞かれたら正直に答えようね。おなかが痛いのは早めに治療したら全然痛いこともされずにすぐに治るけれど、もし痛くても痛いって言わないで治療をしてもらわずに時間がたっていったら、今よりももっとずっと痛くなっちゃうかもしれないから。」と念を押して診察を受けました。

*余談ですが、我が家では病院で診察を受ける意味を子供たちに説明してから診察を受けるようにしています。
聴診器を当てる理由なども、これは正確な理由ではありませんが、「体の中にどんなばい菌がいるか調べてもらおうね。悪さをしているばい菌がわかったら、そのばい菌をやっつけるお薬を出してもらって体の中からやっつけよう!」などと言います。
我が家は男の子2人なのでこういったフレーズを話すと診察に前向きな気持ちになり、薬も自ら飲みたがります(笑)

診断結果は胃腸炎だろうとのことでした。
そして、朝からずっと嘔吐が続いているということで脱水症状があるか見ていただいたら、脱水症状もないようでホッとしました。
後から聞いた話ですが、夫は大量に吐き続ける次男を見て脱水症状で点滴が必要になるんじゃないかと思っていたそうですが杞憂に終わりました。

脱水症状の見分け方

先生が診ていた方法をこちらに書きます。

①まず初めに口の中を見ていました。
口の中が潤っているか、唾液が出ているかがポイントだそうです。

②2点目に皮膚の戻り具合です。
おなかの皮膚や手の甲の皮膚をつまんでみてすぐに元の状態に戻るか、すぐに戻るなら心配ないそうです。
もし脱水症状ならつまんだままの状態になってしまい、元のピンとした皮膚に戻るまで時間がかかるそうです。

③指の爪先の色はどうか。
指の爪の色は普通ピンク色をしていますよね。
一度ギュッとつまんでみて白色⇒ピンク色にすぐに戻るようなら血流が良い証拠です。

脱水症状があるか、血流はどうかという点をみていただき、問題ありませんでした。

吐いている時の水分補給

吐いている真っ最中は脱水症状が心配なので水分を採らせたいですが、更に吐き気を催すこともあるので慎重さも必要ですよね。

今まで私は体調不良の時の水分補給には”OS-1”が1番なのかと思っていました。
実際、OS-1のナトリウム濃度は体調不良の時に摂取すべき理想の量に近いのですが、ドリンクは少ししょっぱくて、値段も少し高めです。(飲むゼリータイプのOS-1は美味しいです)

市販のポカリスエットなども昔から風邪の時には良いと言われていますが、糖分が入っているのみで塩分が摂取できないため、ジュースとして飲む分には良いけれど、補水という意味合いで見ると更にスープなどで塩分を摂取した方が良いと言っていました。

ではやっぱりOS-1がいいかな?!と思っていたら、こちらを勧められました。

「ソリターT」

ナトリウム濃度はOS-1よりも低いのですが、OS-1と同じ経口補水液です。
中身は顆粒タイプで100mLのお水で溶かしてから飲みます。
そのためしょっぱさが低減されるので飲みやすく、処方箋医薬品なのでOS-1よりもだいぶ価格も低いのが嬉しいところです。
とりあえずお味見してみたらほんのりしょっぱく、ほんのり甘く、何とも言えない味でした。

なんでもそうですが、のどが渇いたからと一気に水分を摂ってしまうとまた吐き気を催してしまうことがあるので、一回に10~20mLくらいあげて様子を見つつ、それでも大丈夫そうなら少しずつこまめにあげるのが水分補給のコツだそうです。

 

ということで、今日は朝からバタバタでしたが、夜になる頃には「ソリターT」も少しずつ飲むことが出来、食事も少し摂れました。
皆さんも季節の変わり目・・どうぞ体調にはお気を付けください(^_-)-☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。