サンキャッチャーの起源

サンキャッチャーとは、太陽光を浴びると部屋に虹を映す装飾品

サンキャッチャー(太陽を捕まえるもの)とは、

別名レインボーメーカー(虹を作るもの)とも言われ、

「太陽のエネルギー」をお部屋に取り入れるインテリア雑貨で、

クリスタルボールのプリズム効果によって お部屋にたくさんの虹を広げます。

最近では太陽の光からだけでなく、日没後の屋内においてもLEDライトで光を照射することで

サンキャッチャーの光を楽しむことが徐々に注目されはじめています。

サンキャッチャーとは、いつが起源なの?

北欧で生まれたという説が濃厚です。

二つの説があり、

①冬季の日照時間が少ない北欧で、少しでも太陽のエネルギーを部屋の中に取り込もうとして作られたのではないか

②ヨーロッパの教会にあるような、豪華なステンドグラスの代用品として、一般家庭では部屋の窓辺に小さなステンドグラスを飾ることがありました。

海外で「サンキャッチャー」と検索すると、吊るすタイプのステンドグラスが多数表示されることから、ヨーロッパではサンキャッチャー≒ステンドグラスという認識があるようです。

サンキャッチャーとは、子供の教育にも良いものなの?

サンキャッチャーは、シュタイナー教育ではリュースターと呼ばれ、「五感を高めるツール」として、虹のできる位置や高さから生活や季節の変化を感じたり、光を体験するためのおもちゃとして使われています。

サンキャッチャーは、風水的にどのようなものなの?

風水的に良いとされる「揺れるもの」、「光るもの」としても最適で
「幸運を呼び込むアイテム」としても人気が高いアイテムです。

また、多数あるクリスタルの形の中には風水的に最強の形、八方位からの運気を呼びよせる「八角形」のものを、トップ部分に使用することも多くあります。

IMG_0768

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。